百円均一で一口電気コンロカバー作成しました。

こんにちは。今日は一口コンロカバーをお手軽に作成したブログ記事です。

自宅にあるIHの前の時代の、電気コンロがブレーカーが落ちるなどパソコンのデータが消えるリスクを抱えており、使わないようにしてましたが、思い切ってアイリスオーヤマのIH一口コンロを購入、我が家にやってきました。

そこまでは良いのですが、これを置く場所が台所が狭いので限られています。急遽一口コンロをアマゾンで検索しても該当すの商品がなかなか見つからず、、2口からはあるのですが、それだと大きすぎて台所に置けません。

メジャーで測り、ダイソーでDIYを決めました。ついでに洗い物を置く場所を新たに設置するため突っ張り棒も購入を決めました。

電気コンロがIHヒーターの下にあります。今回はワイヤーで電気コンロの熱伝導部分と百円ワイヤーラックがバラバラに離れないようにしっかり固定して繋げました。IHのコンロが重いので比較的安定しててぐらつかずに、無事炒め物調理できました。

高さが出るのが嫌だったのでワイヤーにしましたが、同じくダイソーに、ワイヤーネットを繋げるジョイントが売ってありますのでそれを利用しても良いかもしれません。

ワイヤーネット110円、針金110円で総額220円で一口コンロ台ができました!

ついでのラックは台所の換気扇の下に作成しました。突っ張り棒2本、ワイヤーネット一つで軽いものなら置けるスペースができました。陶器類は危ないのであらかじめあったスペースにおきました。

今回は100円でIHコンロ作成のブログでした。ネットで探してもなかなかちょうど良い大きさの一口コンロカバーがなかったので、よかったら参考にしてみてください。

最後までお読みくださりありがとうございます。